インプラント

インプラント治療の流れ


  • 検査

インプラント治療を希望される場合は、まず、検査で噛み合わせやあごの状態を確認します。レントゲン、CTスキャンを撮影し、歯型を取ります。インプラント治療が成功するためには、あごの状態についてのできるだけ多くの情報が必要です。検査結果に基づいて、治療計画を立てていきます。

ひとくちにインプラントといっても、メーカーが異なれば特徴も違いますし、太さや長さなどもさまざまです。患者さんのあごの状態や埋入する位置に最も合ったインプラントを選ばせていただきます。

 

  • 治療

歯を失う原因のほとんどが虫歯と歯周病です。虫歯と歯周病を抱えているのであれば、インプラント手術の前にまずそちらを治療します。

また、インプラントを骨にしっかりつかせるためには、ある程度の骨量が必要ですから、あごの骨が少なくなっている方は、事前に骨の移植など骨を増やす治療を行う場合もあります。こちらに数カ月かかることもありますし、インプラント手術と同時に骨を増やす処置を行う場合もあり、どのような治療となるかは、患者さんのあごの状態によって異なります。

 

  • 手術

手術できる状態になりましたら、インプラント埋入手術を行います。

インプラントには、手術が一回の「一回法」と二回行う「二回法」があり、一回法にも1パートと2パートの2種類あります。1パートの一回法は、一回でフィクスチャーを埋める手術とアバットメントをつけるところまで行います。2パートの場合は、フィクスチャーの先端を歯ぐきに埋めずに手術を終え、数カ月たってから、フィクスチャーと人工歯をつなぐアバットメントをフィクスチャーの先端につけます。

二回法は、一回目の手術でフィクスチャーだけを埋め、一度歯ぐきを閉じて骨につくのを数カ月待ちます。それからもう一度手術を行って歯ぐきを開き、アバットメントをつけます。それから歯ぐきの状態が落ち着くまで数週間待ち、型取りをして人工歯を作り、アバットメントに人工歯をつけます。

インプラントがあごの骨にしっかりつくまでには、個人差やあごの状態、埋めた位置などにもよりますが、3~6カ月ほどかかります。

当院の手術は全身状態をモニタリング管理のもと、個室のクリーンルームにて行います。また、疲れが出にくい様な厚みのある診療台を導入していますので、長い手術の時もご安心下さい。

nagare

 

  • メンテナンス

インプラントは「第二の永久歯」と言われますが、本物の歯ではありません。人工歯なので、「もう虫歯にならなくてすむ」と思うかもしれませんが、虫歯にはならなくても、お手入れを怠ると、歯周病菌が歯ぐきなどにダメージを与える、歯周病と同じような「インプラント周囲炎」という病気になる場合があります。

また、インプラントと天然の歯がどちらもお口にある場合は、特に噛み合わせの管理が大切です。噛んでいくうちに、噛み合わせが変化し、インプラントの人工歯または天然歯に大きな負担がかかることがあるためです。

ですから、患者さんには、日々のメンテナンスがいかに大切かをご理解いただき、毎日のお手入れに力を入れていたただきます。そして、定期的に来院していただき、しっかりとチェックやクリーニングを行っていきます。

インプラントを長く持たせるには、定期的なメンテナンスこそ必要不可欠です。インプラント入れっぱなし、打ちっぱなしはあってならないことなのです。

nagare 2

03-5324-6789
03-5324-6789
電話番号
03-5324-6789
診療時間
月~金 10:00~14:00 15:30~19:30
(最終受付 19:00)

休診:土・日・祝祭日

TOP

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-19-7岡崎ビル3F
最寄り駅:新宿駅南口より、甲州街道を笹塚方面に向かって徒歩3分

Copyright (C) 西新宿歯科TOYOクリニック All Rights Reserved.